トップ > 訪問型と窓口型

訪問型と窓口型

保険相談には、 ファイナンシャルプランナーが自宅に来て面談してくれる訪問型と 保険代理店の窓口に出向いて面談を行う窓口型があります。

それぞれのタイプのメリット・デメリットをご紹介します。

訪問型の保険相談をおすすめ

個人的には、訪問型をおすすめします。

なぜなら、外出先で面談するよりも、
自宅の方がリラックスできるため、
プライベートな話も遠慮なくすることができます。
その分、ファイナンシャルプランナーも正確な現状把握が行えるようになり、
より内容の充実した面談が行えるようになるからです。

訪問型の保険相談について

メリット

  • 保険証券などの貴重な書類を外へ持ち出す必要がない
  • リラックスして話ができる
  • 自分の家なので、込み入った話もできる
  • 小さな子供がいる場合でも安心
  • ファイナンシャルプランナーにとっても、その人のことが良く分かる

デメリット

  • 面識のない人を自宅に上げることに不安がある
  • 家の中がちらかっていると恥ずかしい→掃除しなくてはいけない
  • わざわざ自宅まで来てくれたので、何か契約しないと申し訳ない気になる
  • ご近所の目が気になる

窓口型の保険相談について

メリット

  • ショッピングモール内の窓口の場合、買い物のついでに相談できて便利
  • 窓口には様々な保険商品のパンフレットが完備されている
  • 気に入らなかった場合、いつでも帰ることができる

デメリット

  • 保険証券などの貴重な書類を持ち出す必要がある
  • 外で収入などのプライベートな話をするのに抵抗がある
  • 小さな子供連れでは行きにくい

おすすめは訪問型の保険相談

訪問型は窓口型と比べて精神的な負担がありますが、
その分、じっくり相談でき、ファイナンシャルプランナーとの信頼関係を構築しやすいと思います。
逆に窓口型は気軽な反面、深い相談がしにくいように思います。


保険の相談窓口マップ
全国の店舗型の保険窓口情報を集約。あなたの街の保険の相談窓口が見つかります!
賢い保険相談・保険ショップの選び方
保険相談を受ける前に知っておきたいノウハウのまとめサイト。