トップ > 面談の内容は?

面談の内容は?

一般的に、2~3時間の面談を複数回実施することが多いようです。

まずは保険の説明と現状把握

まずは生命保険、医療保険などの保険についての基本的な説明が行われ、
次に、

家族構成

お子様の人数・年齢、両親

家計の状況

収入、月々の生活費、住宅ローン、貯蓄など

現在加入している保険の内容

生命保険、医療保険、学資保険など

将来のお子様の予定

私立、公立、大学にいくかどうか?など

住宅購入

いつごろ、いくら?など

退職

何歳、退職金、国民年金、厚生年金など

などについてのヒアリングを実施し、
保険の専門家の視点から、
改善点などがあればアドバイスをします。
特に保険に関しては、具体的な保険の見直し・加入プランについての提案を行います。

保険の見直し提案

保険の見直し・加入について、さらに具体的な話を希望した場合、
保障内容や、現状との変更点、メリット・デメリットなどについて
詳細な説明が行われます。

一般的に、
保険の見直し・加入プランの提案は、
いくつかのパターンに分けて行われます。

それぞれのメリット・デメリットを十分に理解した上で選択できるので、
より最適な保険に、納得して加入することができます。

もし、保険の加入を前向きに検討する場合、
保証内容についての理解・納得しているかどうか?ということと同じくらい重要なのが、
担当のファイナンシャルプランナー、保険代理店との信頼関係が構築できているか?も重要です。
保険の契約を継続している間は、生涯にわたって付き合う相手になり、
将来、保険金の請求をしたり保証内容の変更をしたりするために、やり取りをする必要があるからです。

面談はどこでするの?

面談を実施する場所は、
自宅、窓口、近所の喫茶店など様々だと思いますが、
より良い面談を行い、より最適な保険の選択をするためには、
自宅で面談をされることをおすすめします。

外出先で面談するよりも、
自宅の方がリラックスできるため、
プライベートな話も遠慮なくすることができます。
その分、ファイナンシャルプランナーも正確な現状把握が行えるようになり、
より内容の充実した面談が行えるようになるからです。


保険の相談窓口マップ
全国の店舗型の保険窓口情報を集約。あなたの街の保険の相談窓口が見つかります!
賢い保険相談・保険ショップの選び方
保険相談を受ける前に知っておきたいノウハウのまとめサイト。