トップ > 予約から面談、契約までの流れ

予約から面談、契約までの流れ

1.保険相談の申し込み

まず最初に保険相談の申し込みをします。
ホームページから直接申し込んだり、電話などから申し込むことができます。
その際、住所・氏名・家族構成などの基本的な情報の他、
希望の面談日時や場所、相談内容などもあわせて伝えます。

ここで入力する情報が、
最適な保険設計をするための最初の基礎情報となります。

2.日程、面談場所、ファイナンシャルプランナーの決定

お申し込み後、
面談日程・場所・ファイナンシャルプランナーが決定され、
メールや電話などを通じて連絡がきます。

予定を変更したい場合は、早めに連絡するようにしましょう。

3.面談

約束の日時・場所で
ファイナンシャルプランナーとの面談を実施します。
面談では、何よりも現状把握が大切なので
現在加入している保険の保険証券を用意し、
家計の状況などについても話ができるように準備しておきましょう。

より最適な保険設計をするには、時間がかかります。
一般的に、2~3時間の面談を複数回実施することが多いようです。

4.保険の契約

ファイナンシャルプランナーとの面談の結果、
現在の保険の見直し、加入の必要性を感じた場合、
そのファイナンシャルプランナーを通じて保険の契約をすることができます。
さらには、お金についての相談相手として、
その後もやり取りを継続される方もいるようです。

もちろん、強制ではないので
ご自身の判断で不要と思った場合は、契約をする必要はありません。


保険の相談窓口マップ
全国の店舗型の保険窓口情報を集約。あなたの街の保険の相談窓口が見つかります!
賢い保険相談・保険ショップの選び方
保険相談を受ける前に知っておきたいノウハウのまとめサイト。