トップ > ファイナンシャルプランナーとは?

ファイナンシャルプランナーとは?

ファイナンシャルプランナーとは、
お金に関する専門的な知識を持った人のこと。

FPの資格

資格としては、国家資格である「ファイナンシャル・プランニング技能士」と
日本ファイナンシャル・プランナーズ協会の「CFP」「AFP」などがあります。

一言でファイナンシャルプランナーと言っても、
株、不動産、企業会計、保険、個人向け、法人向けなど、
実に幅広い専門領域があります。

社団法人生命保険協会による
生命保険大学課程試験合格者および一定の条件を満たす方に授与される
『トータル・ライフ・コンサルタント〔生命保険協会認定FP〕(略称TLC)』
『シニア・ライフ・コンサルタント(略称SLC)』という生命保険に特化したものもあります。

「特定の資格を持っている人」=「ファイナンシャルプランナー」ではないんですね。

保険相談のファイナンシャルプランナー

一般的に、保険相談で相談に乗ってくれるのは、
個人向けの生命保険についての専門的な知識を持って活動している
ファイナンシャルプランナーであることがほとんどです。

独立系のファイナンシャルプランナー

企業の社員として、その企業の商品を販売するためのファイナンシャルプランナーや、
特定の企業に属すことなく、
独立した立場で活動を行っているファイナンシャルプランナーなど、
立場も様々です。

独立系のファイナンシャルプランナーは、
様々な保険会社の代理店として活動しているケースが多く、
最近は、このような独立系ファイナンシャルプランナーに
保険相談をする人が急増しています。

多くの人にとって、独立系ファイナンシャルプランナーは
あまり馴染みのない存在だと思いますが、
様々な企業から保険相談サービスが提供されるようになったおかげで、
欧米と同様に日本においても、ファイナンシャルプランナーがより身近な存在になり、
お金持ちでなくても、お金の専門家に相談しながら、
より良いマネープランを立てたり、より最適な保険設計をしたりすることが
できるようになりました。


保険の相談窓口マップ
全国の店舗型の保険窓口情報を集約。あなたの街の保険の相談窓口が見つかります!
賢い保険相談・保険ショップの選び方
保険相談を受ける前に知っておきたいノウハウのまとめサイト。